北九州のキャンプ場 平尾台自然の郷キャンプ場 ~草スキーができるキャンプ場・千仏鍾乳洞~

P1000110

スポンサードリンク

スポンサードリンク


北九州にあるキャンプ場、しかも景色も良く大人だけでなく子供も草スキーを楽しめるキャンプ場があります。

私たちは、家から最も近いキャンプ場ということで年に三回ほど利用しているのですが・・・

子供たちは大好きなキャンプ場です。

フリーサイトもオートサイトも広めの区画がきちんと分けられているので安心です。

一区画でテントなら二張り、テントとタープと十分に張れるスペースです。

平尾台自然の郷
〒803-0180 北九州市小倉南区平尾台1-1-1
TEL. 093-452-2715 FAX. 093-452-2720
E-mail : sato@hiraodai.jp

施設の案内

宿泊料金
区画サイト 1区画 3,000円 チェックイン 10時から17時
広場サイト 1区画 2,000円 チェックアウト 9時から10時

AC電源はありませんが、炊事場にあるので仲良く使う分には怒られません。

日帰り料金
区画サイト 1区画 2,000円 利用時間 10時から17時
広場サイト 1区画 1,300円 利用時間 10時から17時

宿泊と組み合わせることで、ゆっくりと利用できます。

シャワー設備
温水コインシャワー 5分間 100円 利用時間9時から21時
※百円硬貨を用意してご利用下さい。

ストップもできますので、男の人なら2人入れます♪

駐車料金
区画サイト サイト内に1台分 無料 入出庫時間 9時から21時
広場サイト 駐車場内に1台分 無料 入出庫時間 9時から21時

広場サイトは、入り口の管理棟の横の駐車場になります。

追加駐車(1台・1回・1日以内)
大型車 1,000円 出入の都度、料金がかかります 入出庫時間9時から17時
普通車 300円 出入の都度、料金がかかります 入出庫時間9時から17時

追加駐車は、入り口の管理棟の横の駐車場になります。

営業期間
キャンプ場 宿泊利用;4月末~10月
日帰利用:通年
火曜定休日
(祝日・振替休日の場合はその翌日が休園日となります)
草そり場 通年営業 火曜定休日
(祝日・振替休日の場合はその翌日が休園日となります)
年末年始12/29~1/3

 

営業期間
宿泊予約 2ヶ月前の同日分から前日分まで
日帰予約 1ヶ月前の同日から前日分まで
当日受付 お出かけ前に空き区画の確認
キャンセル マナー守って!

キャンセル料がないため、ギリギリでのキャンセルがあるので電話で確認てしみると入れる場合もあります

オートサイトについて

まず、キャンプ場について荷物をおろすところから始まる。

いつもは、フリーサイトを借りるのだが、今回は子供三人だけを連れて行ったので戦力にならないためオートサイトを予約した。

フリーサイトは、道路に面していれば荷物の下ろし入れも楽だけれど、奥側になると不便なので荷物が多い場合はオートサイトがおススメです。

フリーサイトもオートサイトも、テントなら二張りできる広さがあり、バーベキューグリルなどを設置する場所がコンクリートで指定されています。

あと、チェックアウトが10時と他のキャンプ場よりは早めなので、できればオートサイトがおススメですが・・・・

私の様に、翌日も日帰り料金を追加で払うことによって、17時までゆっくりできますので、そういう使い方をされるなら安いフリーサイトを予約した方がいいと思います。

フリーサイトなら日帰り料金を追加しても3000円で翌日の17時までゆっくりできるのでおススメです。

スポンサードリンク

今回は、トイレ近くでしたが、便利なのは炊事場近くのサイトです。

ただし、夜中に皿洗いをしたり早朝に皿洗いなどをするので気になる人は、少し離れた場所を指定した方がいいかもしれません。

ちなみに、私は気にしないのでオートサイトの時もフリーサイトの時も便利な炊事場近くをいつも希望しています。

 

P1000120
P1000104

テントサイトの広さもさることながら、周りが開けた空間なのでインスタ映えもします。

ちなみに、スノーピークのアメニティドームを使っています。

もう、4年間で20回は使っていますが、いまだ問題なく使えています。

P1000108
P1000109

今回は、子供たちだけだったこともあり、テーブルやタープを持ってきませんでしたが・・・・

やっぱり、テーブルはあった方が良かったみたいです♪

ちなみに、私はFREEDに乗っているため、積載量に限界があるため屋根にルーフラックを取り付けています。

アイリスオーヤマのRV-BOXに荷物を詰めて乗せています。

P1000101

 

 

トイレ

P1000103

とくに、女性にとって気になるのがトイレです。

さすがに、記事のためとは言え女性用トイレの撮影はできませんが・・・・

たぶん、男性トイレと似たようなものだと思います。

トイレは一か所だけなので、一番奥の人はちょっとトイレまで距離があります。

トイレ自体は綺麗なのですが・・・・最近の子供は和式になれていないため困難かもしれません。

しかし、障がい者用トイレは洋式なので安心です。

ただ、みんな洋式を好むため込み合うのは仕方がありません。

P1000105
P1000106
P1000107

 

 

シャワールーム

P1000126

私は、お酒を飲んで酔っ払うとお風呂なんてどうでもいいのですが・・・・

女性はそうはいかないですよね~

シャワーは、男女共用で3つのシャワールームがあります。

小さい子供は一緒に入れるわけですが、かなり狭いので覚悟は必要です。

シャワーは、100円で5分です。ストップ機能もありますので意外と長く使えます。

女性の場合も5分あれば十分だと思いますが、足りないと思って200円入れるのは止めた方がいいみたいです。

100円が切れてから入れないと、ストップ機能が効かなくなると妻が言っていました。

P1000127
P1000128

 

草スキー

キャンプ場には、草スキー場があります。

なぜか、利用時間が9:00~17:00と時間が決まっているのですが・・・・

誰も守っていないようです。

結構スピードも出ますので、小さな子供を連れていくときは、スキー場の下でウロウロさせないように気を付けないと危険です。

P1000116
P1000112

 

 

公園

1205

3分~5分 少し歩いた場所には公園もあります。

キャンプ場からは見えないので、小さい子は親もついて行ってあげないといけませんが、小さい子から大きな子まで遊べる公園です。

途中、電車も走っていますが・・・公園まではすぐなので乗るのは勿体ないので、乗るなら終点まで乗った方がいいと思います。

総評

私は、キャンプ場としてはAランクで位置づけています。

気になるのは、近くに温泉施設がないくらいでキャンプ場としての施設は文句ありません。

何と言っても、草スキーさえ持って行っていれば、一日中子供たちは遊んでいますし

なんと言っても、緑あふれる外で食べる食事は最高です。

今回はカレーとBBQと楽しみました。

P1000122
P1000124

弱点としては、チェックアウトが10時と早いことです。

チェックインが10時からなのでメチャメチャ早いのですが帰りがバタバタとしてしまいます。

私は、それが嫌なので次の日は、日帰り料金を追加しています。

そうすることで、翌日夕方までゆっくり遊ばせることができますからね~

おまけ 千仏鍾乳洞

真夏の暑いキャンプ後は、ぜひ 千仏鍾乳洞に立ち寄ることをお勧めします。

そして、必ず濡れてもいい半ズボンと草履を忘れずに持って行ってください。

膝のあたりまで濡れてしまいます。

今回は、靴でビチョビチョになりながら行ってきました。

どうも、隣の茶屋で無料で草履を貸してくれるらしいです。知りませんでした。

入園可能時間は、9:00 ~ 17:00のようです。

入園料は

大人 高校生 中学生 小学生
800円 600円 500円 400円

 

とても冷たくて気持ちいい探検なのでぜひ、お立ち寄りください。

以外にもお客さんは多いので、早めの時間に行くことをお勧めします。

P1000141
P1000148

スポンサードリンク

スポンサードリンク