牡蠣のおいしい食べ方

P_20150404_172709

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

福岡の周辺でも、あっちこっちで牡蠣小屋ができてきました。

伊都周辺、長崎の方では九十九島あたり、佐賀なら竹崎あたりにカキ小屋が

点在しています。

私も、牡蠣は大好きでよく買ってきて、庭で炭をおこし食べていました。

しかし、数年前に伊都にツーリングで行って牡蠣小屋に寄った時に

店のおじさんが・・・

「牡蠣は焼くより、フライパンで蒸した方がうまいんだけれどね~」

教えてくれたので、ためしにやってみたらおいしかったので

土地柄、カキをよく貰えるので最近は蒸して食べています。

北九州側では、豊前ガキというちょっと小ぶりのカキが味も濃厚でおいしいんです。

 

私も最初は・・・え~~~~~~

やっぱり、カキは炭火で遠赤外線で焼くのが一番おいしいよ~

ましてや、フライパンで作るなんて・・・邪道だ・・・と思っていました。

しかし、ふわっとジューシーで炭火焼きよりもおいしいのだ。

牡蠣を蒸して作るメリット

  • 簡単に家で作れる。
  • 短時間で作れる。
  • 絶妙なタイミングであげられる。
  • 身がふっくらでジューシーに出来上がる。
  • 失敗がない。
  • 片付けが楽

とメリットが多いのです。

作り方

作り方は簡単、フライパンに水を少しいれて

牡蠣を並べて、ふたを閉めて蒸すだけです。

P_20150404_172709

是非、お試しあれ~

ポン酢やレモンを少したらしてもおいしいです。

この方法なら、カキのふたは簡単に手で開きます。

ふた開け用のナイフなどは不要です。

弱点は、すぐにできるのであっという間になくなっちゃうことかな?


スポンサードリンク

スポンサードリンク