Majesty S のメリット・デメリット

machine

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Majesty Sも購入して1年が過ぎようとしています。

Majesty Sも1年間乗っていると新鮮味もなくなってきて

ただの足として活躍しています。

IMG_20160604_101407

私は、ほぼ駅まで2kmを乗っていくだけで、休みの日に買い物に

出かけるくらいしか乗りません。

遠出は、大型バイクがあるので乗っていくことはほぼないのですが

そんな私が感じるメリット・デメリットをお教えしようと思います。

 

メリット

一番のメリットは、高速道路に乗ることができるということです。

確かに、100km/h程度しか出せないMajesty Sで高速道路を走るのはちょっと怖いです。

車もギリギリを追い抜いたりしますので、ちょっと危険も感じることはありますが

ゆっくり走る車の後ろを走るには不自由しないバイクです。

IMG_20160604_100658

街乗りは、静かすぎると言いたくなるくらい静かな加速で以前に乗っていた

ADDRESS V125の方が加速感は感じられましたが、安定感は抜群です。

燃費もよく私の乗り方では1か月に1度の給油で足ります。

だいたい 35km/Lいかない程度です。

そして、なんと言っても150ccという、125ccよりワンランク上という優越感を

感じられることだ。

 

シート下の収納の広さも魅力のひとつかも知れない。

feature06_001

あと、PCX150はPCX125と間違えられるのに対してMajesty Sはそれがない。

また、台数が少なく人と被らないところも気に入っている。

 

デメリット

デメリットは、125ccまでは止められる駐輪場は多いが

150ccを止められる駐輪場は見つけるのが難しい。

あと、置けたとしても大きいため結構存在が邪魔になる。

また、任意保険が高いというのも大きなデメリットである。

あと、スクリーンが低いので風をもろに受けますが・・・・・・

そんなにスピードが出るわけでもないので気にはなりません。

シート高については、いろいろ言われていますが、私の長くてかっこいい足では

何の不自由はありません。

しかも、最近はオプションでローシートが販売されているようです。

長距離は、お尻が痛くなります。

あと、足置き場の狭さは最大の弱点です。

正直、125ccでも150ccでも対して変わらない。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク