マジェスティS(Majesty S)リコール情報

img_20161207_232231

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

今日、家に帰るとヤマハ発動機販売株式会社から一通の封筒が届いていた。

開ける前から、「あら〜リコールが出たのね」とわかるような封筒で

早速開封してみると・・・・まさに、リコールの案内でした。

しかも、2通(2箇所)も入っていました。

 

ヤマハ改修コールセンター TEL 0120-133-120

平日  10:00〜12:30/13:30〜18:00

img_20161207_232231

 

 

リコール(R3941 ①)

【不具合内容】

原動機において、シリンダーヘッドの締付けが不適切なため、締付け力がばらついて

シリンダヘッドガスケットの気密性が低いものがあります。そのため、高速走行等の高負荷時に

シリンダヘッドガスケットの気密性が損なわれ、冷却水が燃焼室内に侵入し点火プラグが濡れ

最悪の場合、アイドリング時にエンストしたり、始動できなくなる恐れがあります。

 

【対策内容】

全車両、シリンダヘッドガスケットを新品と交換し、シリンダヘッドを適切に締付けさせていただきます。

 

【作業時間】

お待ちいただく時間を除いた作業時間

約180分

 

img_20161207_232251

リコール(R3941 ②)

【不具合内容】

速度計において、車速センサーの電気配線をブレーキホースに固定するクランプの取付方法が

不適切なため、ハンドル操作を繰り返すとクランプが正規の取り付け位置からずれることがあります。

そのため、車速センサーの電気配線の配索が変わり、そのままで使用を続けると、当該電気配線が

屈曲し、最悪の場合、断線して速度計が動作しなくなるおそれがあります。

 

【対策内容】

全車両、対策品のクランプを組み込んだ車速センサーと交換させていただきます。

 

【作業時間】

お待ちいただく時間を除いた作業時間

約60分

img_20161207_232303

 


 

スポンサードリンク

スポンサードリンク