初心者でも簡単SSD化マニュアル (ASUS X202E HDD → SSD I-O DATA SSD-3S120G 交換)

img_20161215_163000

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

パソコンの買い替えを考える前に、SSDへの変更を考えてみませんか?

HDDに比べ、全然速度が違うので試してみる価値はあると思います。

なんと言っても1万円程度と格安で変更できます。

しかも、初心者でも安心して交換できる方法をお教えします。

 

私がお薦めするのは、沢山あるSSDのなかでもI-O DATA製の

  • SSD-3S120G
  • SSD-3S240G
  • SSD-3S480G

 

 

これは、SSDだけでなく、お引越しソフト・接続ケーブル付きで

初心者でも何も心配なく移行できるパック商品だからです。

ちなみに、フリーソフトでも引越しソフトは存在するので

自信のある人は、他の安いSSDを買って乗せ換えてもいいと思いますが

今回は、誰にでもできる方法をお教えしようと思います。

 

さっそく、ネットで1万円程度で購入しました。

そんなに、ディスク容量を必要としないので120G他タイプを買いました。

 

 

img_20161215_162850 img_20161215_163000

付属品に接続ケーブルもついています。

まず、指定されたホームページから お引越しソフトをダウンロードします。

そして、買ったSSDをUSBポートに接続します。

img_20161215_163232

あとは、お引越しソフトを実行し今のHDDの環境をSSDにコピーします。

コピー方法もマニュアルを読まなくてもできるくらい簡単なので

安心してください。

コピーが完了したことを確認したら、あとはHDDとSSDと入れ替えるだけです。

 

今回は、ASUS X202Eを交換したいと思います。

img_20161215_163013

 

分解に必要なのは、精密ドライバーとマイナスドライバーがあれば

大丈夫です。

img_20161215_163034

 

まず、裏返してねじを丁寧に外していきます。

ねじは、場所によって長さが違うため、わかるようにしておきましょう。

img_20161215_163028

 

ねじを外すだけでは、簡単に開かないので RGBインターフェースのところから

マイナスドライバーを使って開けていきます。

img_20161215_185143

 

この際に、絶対に力を入れ過ぎないことがポイントです。

そんなに力を入れなくてもあけることができます。

 

img_20161215_184508

 

まず、バッテリーを外しましょう。

これは、下手な電流が流れないようにするためです。

バッテリーは、マイナスドライバー等で上にはね上げて抜きます。

ここでも無理しないでください。

わからなければ、そのまま作業を進めても壊れる可能性は低いです。

ですが、念のため抜くことをお勧めします。

場所は、中央のコネクターです。

img_20161215_184516 img_20161215_184619

次にいよいよHDDを外します。

左に引っ張ると簡単に取れます。

場所は左上の四角いハードです。

img_20161215_184516 img_20161215_184539

あとは、HDDの横についている耳を取り外し

SSDに取り付けなおしHDDと同じように差し戻すだけですべて完了です。

バッテリーのコネクターを差し戻すことを忘れないでください。

 

もし、起動してBIOSがあがるようならコピーが失敗していますので

再度、コピーからやり直してください。

 

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク