スマホの割れたディスプレイを自分で変えてみる ~zenfone5 参考~

P1050404

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

今回、私の愛用していたZenFone5 のディスプレイが割れとしまいました。

実は、先月に修理したばかりですが、またまた割ってしまいました。

前回の修理費は15,000円と高額だったためあきらめようかと思っていましたが

自分で修理できるということで自分で修理することにしました。

調べてみると意外とiPhone以外ならなんとかなりそうなことが判明しました。

ちなみに、Nexus5等も似たような感じでした。

他の機種の方は、参考にしてみてください。案外いけます。

※分解は保証対象外となりますので自己責任でお願いします。

不器用な方は修理しに出した方がいいです。

ちなみに…私も今回は・・・・・

P1050404

道具を揃えよう

だいたいアマゾンなどで探してみると簡単に見つかります。

まず、「ZenFone5 ディスプレイ」で検索してみます。

 

機種が違う場合は、自分の機種に合わせて検索してみてください。

そして、必ず買っておくことを薦めるのがオープナーセットです。

ないならないで、硬い会員証やカードでも代用できますが

そんなに高いものでないので一緒に買うことをお薦めします。

 

分解ついでに、バッテリー交換もしておいたほうがいいと思います。

バッテリーもアマゾン等で「ZenFone5 バッテリー」と検索するとすぐに見つかります。

 

あとは、ドライヤーと両面テープ(市販の安物でいい)を用意してください。

いよいよ分解です。

Zenfone5は簡単に 裏ぶた は外せます。

Nexus5等の密閉型のスマホはオープナーを使って開けます。

オープナーは入れ込みやすい場所を見つけてから入れ込みます。

 

次にねじを外します。

ZenFone5の場合は、右上のねじを「seal」と書かれたシールで隠れていますので

気にせず、ずぼっとドライバーを差し込んで回してください。

P1050409

Nexus5の場合は、Y字ドライバーが必要ですので注意が必要です。

ここまでは簡単に分解できちゃいます。

ZenFone5

P1050410

Nexus5

P_20150410_210306

ケーブルを外す

ここから慎重に作業を進める必要があります。

P1050412
  1. ➀はシールドで覆われていますのではがしてくたださい。
  2. ①②③は、白い爪を立てることによりロックが解除されケーブルが取れます。
  3. ⑤は、黒い爪になっていますので白い爪と間違えないでください。
     ※私はここで間違えてしまいました。
  4. ⑤は、最後に基盤を外しながらとると取れやすいです。
  5. ➃ は、まっすぐ上に抜いてください。
  6. ⑥については、外さなくても作業できます。
    ※ここでも失敗してしまいました。
     WiFiのアンテナで部品が細いので切れやすいです。
  7. ➀②のケーブルがディスプレイのケーブルです。
    シールなどをきれいにはがしておきましょう。

いよいよディスプレイ交換

ここからが緊張です。

割れたディスプレイは手に刺さりますから、手袋をした方がいいでしょう。

ただ、基盤は静電気等に弱いので片手だけにした方がいいと思います。

まず、ドライヤーで温めます。

気長にゆっくりと両面テープの粘着性を落としてください。

そして、オープナーが入りそうな場所を見つけたらドライヤーで温めながらはがしていきます。

絶対に、温めすぎたり、無理やりこじ開けないでください。

比較的に簡単です。

P1050413

意外と簡単に外れて拍子抜けするかもしれません。

P1050416

ここまで来ればあと少しです。

フレームのふちに両面テープを張って戻していきます。

次いでにバッテリーも交換

せっかくなので、ここまで分解したらバッテリー交換もしてください。

バッテリーも両面テープでしっかりくっついていますのでドライヤーを使いますが

バッテリーに熱を加えるわけですから、慎重にゆっくりとやってください。

P1050417

反応が悪い・・・やり直しを繰り返す結果

全部戻したのですが・・・反応が悪く3回ほど開け閉めをしていました。

原因は、ケーブルの甘さでした。

それがわかった時には手遅れ・・・・

WiFiのケーブルをケースで挟んで切断・・・ぎゃ~

それを別のケーブルで代用して、やり直している途中に他のケーブルが損傷・・・・

帰らぬスマホとなってしまいました。

また、パネルを買えばいいだけですが・・・・

2回目は失敗はないと思いますが、みなさんもひとつひとつ確実にやってください。

やり直しを繰り返すと失敗する可能性が大きくなります。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク