三菱 エコキュートの高機能シリーズは必要か?

スポンサードリンク

スポンサードリンク


今回は、エコキュートが壊れて、仕方なく在庫のある三菱のエコキュート SRT‐S464U を購入しました。

本体価格 35万円 + 工賃 10万円 (税抜き) と支払ったのですが、広告には、込々35万円のシリーズもあったのに10万円高い買い物をしました。

定員さんも、価格をだいぶん値引いてくれましたが、本来なら50万円を超える品物でした。

最初は、いろいろな機能がついて安く買えたと思っていたのですが・・・・

実際に購入して気が付いたことがたくさんありました。

お急ぎ湯はり機能

通常より、お湯はりが約25%の短縮とありますが・・・・

仮に8分かかっていたとしても、6分に短縮されるだけです。

本当に、こんなちょっとの時間のために高機能のエコキュートを選びますか?

ハイパー給湯

今まで、湯圧が低く困っていた人ならありがたい機能ですが・・・・

我が家は、湯圧に不満を持ったことがないので、とくに不要な機能でした。

ホットりたーん

残り湯を循環させて熱を回収し活用すると一見、節電機能としては理屈はわかりますが?

いったいどれだけの節電になるでしょう?

とても、活躍できる機能とは思えません。

ましてや、五人家族の我が家では、最後はぬるくなっていますしね。

ホットあわー

入浴中にボタンを押すだけで、微細な約0.01ミリのマイクロバブルに包まれ、ここちいい温もりとうるおいを提供してくれる機能なのですが

これが落とし穴で、浴槽のアダプター別売を購入し、配管もやり直す必要があるらしく、プラス5万円と言われました。

え~なんなんのそれ~

結局、使えないじゃん・・・・

お天気リンクAI

太陽光が付いている我が家では、天気の良い日は昼間に発電した電気で温められると期待したのですが・・・

なんと、この機能も三菱の太陽光が必要らしく、使えない機能でした。

バブルおそうじ

唯一、有効的な機能が、入浴後、浴槽の栓を抜くと自動でマイクロバブルにより配管が掃除されるという機能です。

これはうれしいですよね~

ですが、これも20年に一度程度、配管も取り換えてしまえば、高いエコキュートを買わなくてもいい気もします。

結論

エコキュート選びの時に、意外と便利そうに書かれている多機能については、ほとんどがなくても困らないこと。

ましてや、お天気リンクAIやホットあわーについては、まったく使えないし、ホットりたーんもさほど効果的ではない。

ゆえに、35万円のリーズナブルなエコキュートで十分だったことがわかります。

ご購入の際は、本当にそんな多機能が必要か?今一度考えて購入されてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

スポンサードリンク