Arteck ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 18000mAh バッテリータイプスタータを買ってみた。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


私は、V-strom1000 と Majesty Sとを持っています。

しかし、ほぼ95%はのMajesty Sに乗っているため V-Strom1000はツーリング用として年間数回しか跨がないのです。

となると、いつもバッテリーがあがってしまって大変なんです。

しかも、滅多に乗らないのでバイクで5分程度の義母の家の倉庫に眠っています。

今までは、バッテリーがあがると車で行ってブースターケーブルをつないでエンジンをかけて、家に持ってきてから充電をして乗っていました。

しかし、先日同僚がバッテリー式のエンジンスタータを持っていたので買ってみました。

18000mAh もあるので、ツーリング中のバッテリーとしても利用できます。

使い方は簡単で、モバイルバッテリーと同じように充電しておきます。

バッテリー残量もデジタルで教えてくれます。

日本語マニュアルが付いているのですが・・・・日本語がおかしい(笑)

ケースもついているので、持ち歩きにも便利です。

18000mAhはちょっと大きいけれど、他にも8000mAh と 12000mAhもあるようです。

 

 

 

操作方法

1.ジャンプスタータをONにする。

残量が75%以上であることを確認してください。

もし、車の排気量が5.0Lに接近している車種は90%の残量を確認してください。

もし、充電したしたばかりの時は最低5分間は冷却して使ってください。

2.クランプを車のバッテリーとつなぐ

次に赤いクランプ(+)バッテリーのプラスを繋ぎます。

まず黒いクランプ(-)バッテリのマイナスを繋ぎます。

マニュアルは、なぜかマイナスから繋ぐように書いてあります。

まだ、ジャンプスタータと接続していないから大丈夫なのですが・・・基本だよね~

非常に危険のため、絶対に赤クランプと黒クランプを繋がないでください。

手で金属部分を触らないでください。

マイナスとプラスを間違えて繋がないでください。

3. ジャンプケーブルをジャンプスタータに接続する。

ジャンプケーブルをつなぐと、ジャンプケーブルについているLEDが赤く点滅します。

4.ジャンプケーブルのLEDを確認する。

5秒程度でLEDが緑に点灯します。

もし、LEDが緑にならない場合は、ジャンプケーブルのLEDの近くにあるボタンを3秒程度押すとカチッカチッと音がなってなら手を放します。

5.エンジン始動

ジャンプケーブルのLEDが緑色の店頭になったら、車のエンジンを始動します。

始動が成功すると、ジャンプケーブルのLEDが赤色と緑色が交互に点滅します。

ジャンプケーブルを20秒以内にジャンプスタータのソケットから外してください。

6.クランプを外す

ジャンプスタータから外しているので大丈夫ですが一応基本通り

まず黒いクランプ(-)バッテリのマイナスを外します。

次に赤いクランプ(+)バッテリーのプラスを外します。

 

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク