Windows10 の付箋紙がない? ~Sticky notes~ 日本語が反転してしまう(ToT)

スポンサードリンク

スポンサードリンク


会社のパソコンは、未だWindows7で付箋機能を使ってペタペタ貼って使っている。

家では、そんなに付箋も必要なかったのですが、ちょっと必要になって使うことにした。

Windows10 のパソコンの検索バーで『付箋』と入力するが何も出てこない。

仕方がないので、Windowsアクセサリー内を探すけれど・・・ない・・・・

まさか、マイクロソフトめ~消しやがったな!!!!!

 

と思ったら・・・・

アプリケーションが変わったのですね~

『Sticky Notes』というしゃれた?アプリになっていました。

Windowsメニュー から『S』の場所を探してみてください。

もしくは、検索バーに『st』とに入力しても出てきますよ。

あとは、付箋が画面に張り付けられるので文字を入力するだけです。

他に付箋紙を増やしたいときは、『+』マークを押すと押しただけ付箋が増えて行きます。

ちなみに『・・・』は、色を変えることができます。

いらなくなった付箋はゴミ箱にポイするだけです。

しかし、入力すると日本語が反転して気持ち悪いんですよね~

日本語入力すると文字が反転したままで、これってバグなのかな?

ちなみに英数字なら綺麗に表示されます。

気になる人は、反転部分をマウスで囲って ショートカット機能を使うと反転が解除されます。

ちなみに、ショートカット機能とは・・・・

ショートカット 機能
CTRL + SHIFT + L ・箇条書き
CTRL + B 太字
CTRL + I 斜字
CTRL + T 消し線

これらを、二回押すと綺麗になります。

もっと、簡単な方法ないのかな?

というより、アプリケーションを治してくれよ~

まあ、使ってみてください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク