Sticky Notes やLINE (Windows版)など一部のアプリケーションで、日本語文字が反転されたままになってしまう現象について

スポンサードリンク

スポンサードリンク


WindowsでLINEを使っている人は少ないかもしれないけれど、とても便利で私はよく使っています。

しかし、今まで使っていて、日本語入力したときに色が反転してしまい気持ち悪かったのだ。

会社の人に聞いても、「そんなことないよ~」とネットで検索しても対処方法が出てこない。

私だけの現象か????

しかし、我が家のパソコンは全部反転してしまうんです。

LINEの場合は、送ってしまえば反転は消えちゃうのでいいのですが・・・・・

Sticky Notes の場合は、そのまま表示されちゃうので、とても気持ち悪かったのです。

ネットでも結構原因をいろいろ調べていたが・・・・見つかりませんでした。

しかしついに、原因がわかりました。

日本語入力のプロパティを開くと・・・

私は、ずっとATOKに慣れていたので、キー操作も色の設定もをATOKを指定していました。

キー操作は、ATOKのままにしておいて、色の設定だけはIMEに設定することで解決しました。

Windows画面の右下にあるIMEのタスクをマウスで右クイックします。

その中に、プロパティというメニューがありますので開いてください。

次に詳細設定を開きます。

[全般]の[キー設定]と[色設定]が ATOK に設定されていませんか?

こんな設定をしているのは、少数派の私ぐらいかもしれませんが・・・・

ATOKファンなら、有りうることです。

ここを、Microsoft IMEに変更するだけで解消いたします

 

LINEであれば、このように解消されます。

 

Sticky Notesの場合は、このように解消されます。


スポンサードリンク

スポンサードリンク