Nexus5のバッテリー交換は自分でやっちゃおう!!! 楽勝です。

P_20150410_210306

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

今までNexus5を使って、2年が過ぎようとしている。

そして、ある日 Android5.0にバージョンアップしたことから様々なトラブルが発生した。

最近では、もうAndroid6.0もリリースされているが・・・・・

今一つ調子が良くない。やっぱりスマホは2年が買い替え時なのか?????

冗談ではない、そんな金持ちではない。

現象

  • モンストをしていたら突然電源が落ちる。
  • Google Mapを見ていたら突然落ちる。
  • 写真を撮影していると突然落ちる。
  • 電池が半日しかもたない。
  • まだまだ、電池残量があるのに電源が落ちる。

再起動しても、復元処理をしているのか・・・

 

Android起動中・・・とメッセージが出て

明らかに、このまま使い続けるのは危険だと感じ・・・

そして・・・いろいろなサイトを調べた結果・・・

よく目にする記事

 

  • GPSを使わないときは切る
  • WiFiも使わないときは切る
  • google Play開発サービスの再インストール
  • 不要なアプリをアンインストール
  • 5.0にした時点であきらめないとダメ(Y!mobileで言われた)
  • 充電は電源からきちんととる。

どれも、解決できず・・・

試しながら違う気がしていた。

そこで気が付いたこと。。。

そもそも、電源が落ちるときはどんな時か

電池残量がないなら、落ちる前にシャットダウンするはずだ。

明らかに、電源がブチッ!と切れている感覚があった。

この現象は、異常な電流や電気ノイズを拾った時の現象であることに気が付いた。

確かに、落ちる時は、ゲームや地図など処理能力を必要とするときだ。

Nexus5の特徴は、CPUの能力が高いこと・・・・・

もしかして、急激に電池残量が減ったことで異常処理しているのではないか・・・

という仮説をたててみた。

そこで、数日間 ブラウザーやメールやLINEだけを使うようにしていた。

すると落ちない・・・・

となると、電池消耗か????

だけれど・・・電池交換となるとお金が・・・・・・・

ところが・・・あったんです。

Nexus5は自分で電池交換ができます。

バッテリー交換方法

まず、amazonでNexus5 バッテリー等で検索してみてください。

 

 

下の写真の3つのアイテムがすぐに見つかるはずです。

左から

  • オープナー
  • バッテリー(BL-T9)
  • Y字ドライバー
P_20150410_210052

 

4000円程度で揃います。

さっそく、オープナーのギターピックみたいなもので

ふたを開けます。

比較的簡単に開きますが、下の方が両面テープらしきもので

くっついているので、少し注意が必要です。

基本的に、無理やりに分解しなければ大丈夫です。

P_20150410_210306

 

次に、バッテリー上部のカバーを外します。

ここで、Y字ドライバーの登場です。

全部で6箇所のY字のねじを外します。

P_20150410_210318

次に、ねじを外したところのカバーを外します。

ここで、オープナーの棒(大)を使って少しずつ開けていきます。

ひっかける穴があるので、比較的簡単に開きますが、やはりここでも

無理やりやってはだめです。

P_20150410_210618

ここまでくれば、もう一息です。

上の写真のSの部分、ここに小さなインターフェースコネクターが

刺さっていますので、ゆっくり慎重に抜きます。

もうひとつ、バッテリーの小さなインターフェースコネクターも

同様に抜きます。

 

そして、バッテリーを外します。

このとき、軽くドライヤで温めるとはがれやすくなります。

私はドライヤについては、終わったあと気がつきました。

バッテリーは、両面テープでしっかり張り付いています。

ここで、オープナーではがそうとしてはだめです。

私も、折ってしまいました(ToT)

私は、マイナスドライバーを使って簡単に外せました。

P_20150410_210908

 

そしてもあとは、元通りに戻せばOKです。

そして、すべてが解消されました。

やはり、Android5.0以降 電池の消費は激しいですが

勝手に電源が落ちることはありませんでした。

 


 

スポンサードリンク

スポンサードリンク