格安で旅行したたいならパンフレットの発行日を確認!!  ~早く予約して、キャンセル期限スレスレでプラン変更~

P1060001

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

意外と知らない、旅行会社の特売を活用する方法

この方法は、旅行会社も紹介してくれるテクニックです。

決して、違法でもないし旅行会社の方に聞いても気持ちよく対応してくれる技です。

 

まず、沖縄や北海道など人気の観光地に行こうと思ったら

飛行機がいっぱいなんてことないですか???

特に便数の少ない、石垣島や宮古島は発売と同時にいっぱいになってしまいます。

 

海外旅行でも、新婚旅行のプランを早めに予約してそのままにしていませんか?

 

まず、パンフレットの発行日を知ることです。

パンフレットには、分厚い汎用的なパンフレットと

ピラピラのパンフレットがあるのを見たことありませんか?

P1060001

ご存知のとおり、ピラピラのパンフレットはキャンペーン価格なのですが

なかなか、安い予約はできないのが実態・・・・・・

それはなぜでしょう。

 

例えば・・・・GWに石垣に行きたいとします。

すると、だいたい1月~2月に5月からのプランのカタログが発行されます。

当然、高いプランばかりのパンフレットです。

しかし、3月~4月にかけて安いキャンペーンが開始されるのです。

そのキャンペーンが出てきて変更すれば、飛行機もホテルもそのままで

キャンペーン価格になるため、何万円も得することを知っていますか?

日本旅行の「赤い風船」や ANAホリデイパック ・ JALパックなどなど

パック商品内であれば、自由に変更できることを知らない人が多いのです。 

通常、キャンセル期限は出発前 1カ月~2カ月程度 このタイミングで

もう一度見直して、一番コストパフォーマンスの良いプランで

旅行するとかなりお得になります。

 

逆に言うと、キャンセル期限である出発前 1カ月~2カ月ごろは

キャンセルが沢山出るので、タイミングを外した人はそのときが狙い目です。

何度も言いますが、これは決してマナー違反などではないので

旅行会社の人に相談してみてください。

私は、HIS と 日本旅行ではいつも、相談して乗り替えて価格を落としています。

私のよく行く旅行会社は、気持ちよく対応してくれます。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク