はじめてのキャンプ入門 ~最低限必要なものを買おう~

P1060086

スポンサードリンク

スポンサードリンク

私たちも、キャンプをはじめて3年が過ぎました。

道具も沢山になり、毎回車にどうやって乗せようかと頭を悩ませています。

 

しかし、今からキャンプを始めるのに最初から必要そうなものを買っていくと

お金もかかるし、使わないものも多々あります。

私がお薦めするのは、道具を持っている人と一緒に行きながら

揃えていくのがベストだと思います。

 

最初は、レンタルから始めるのもひとつですが・・・・

それでは、あまりにもつまらないのでテントくらいは買って、

その他はレンタルやあるもので楽しんではいかがでしょうか?

 

テント

まず、買わないと始まらないのがテントです。

もし、長年行くのであればスノーピークのアメニティードーム

お薦めなのですが・・・・・

テントを買うと、グランドシートとインナーマットが必要となります。

スノーピークであれば・・・・テントと合わせて軽く5万円は超えてしまいます。

もし、アメニティドームを買うならMとLがありますが、家族が5人以上ならLを購入した方がいいです。

微妙ですが、5人でMはちょっと狭く感じます。

天井が低く、お父さんにはつらいです。

グランドシートとインナーマットがセットで35,000円程度で販売されています。

正直も十分すぎるテントです。

P1060088

次に欲しいのが、シュラフです。

寝るときは、冷え込むことも多くシュラフは必需品です。

真夏であれば、タオルケットでも十分ですが・・・・・

地面の固さを軽減するうえでもシュラフを用意するといいと思います。

家族であれば、2in1 の封筒型シュラフがお薦めです。

個別でも使えて、2つをくっつけて使うこともできて便利です。

シュラフは、丸洗いできるものも多いので洗えるものを選ぶとよいでしょう。

 

グリルにもいろいろありますが、私がお薦めするのは収納がコンパクトで

とても使いやすい、ロゴスのピラミッドグリルです。

6人程度なら十分BBQにも適しています。

しかも、夜焚き火などにも利用できますのでお勧めです。

 

そして、必要なのがライトです。

トイレなどに行く時用に懐中電灯も必要ですが・・・・・

真っ暗になってしまうとBBQも肉が焼けているかどうか不安になってきます。

あかりもいろいろとありますが、お手頃で使いやすいのが・・・・・・

 

もっと明るいライトが欲しいのであれば・・・・

私は900ルーメンと1800ルーメンの二種類を使っていますが

作業灯ですが、充電式かつマグネットがついていますので

アートキャンプなどでは、車に張り付けたりもできます。

あるものを持っていく

  • 食器(風邪の強い日は、紙皿等は飛んでいくことがあります)
  • トング
  • 割りばし
  • 軍手
  • 懐中電灯(トイレ等に行くとき必要です)
  • 食器洗い用の洗剤
  • キッチンペーパー(何にでも使えます)
  • トイレットペーパー(トイレのトイレットペーパーを持っていく人がいます)
  • 要らないタオル(雑巾はあると便利です)
  • 働き者の旦那と子供

これらを入れるボックスがあると、テーブル代わりにもなります。

いらないもの

  • キッチンテーブル(とにかく邪魔です 普通のテーブルで問題なし)
  • 折り畳み椅子(荷物が多くなるので、だったら他の物を持っていった方がよい)
  • 不必要に明るいランタン(少し暗いくらいが心地よい)
  • 充電式扇風機(邪魔なだけです)
  • コンパクトなタープ(有っても無くてもかわりません)
  • エアーマット(好みもあるだろうけれど寝にくい)
  • エアー枕(シュラフ等の袋に着替えを詰めたらよい)
  • ランタンスタンド(足を引っかけて邪魔です)
  • 小さなダッチオーブン
  • 働かない旦那
  • すぐイライラして機嫌の悪い人

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク