妊婦さんのマタニティマークって身に付けた方がいいの? 身に着けない方がいいの?

maternitymark_03

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

妊婦のみなさん おめでとうございます。がんばってください。

毎日の通勤電車の中でときどき見かけるのがマタニティマークと呼ばれるマークです。

他にも

妊婦マーク,妊娠マーク,マタニティーストラップ,マタニティキーホルダー など呼ばれているようです。

マタニティマークとは、「おなかに赤ちゃんがいます~」っていうマークで

妊婦さんがカバンなどに取り付けているものです。

ちなみに、私の妻もしていました。

私は、自分のこともあり、妻に席を譲って欲しくて応援していた気持ちもありました。

ですが、ときどきは見かけるのですが、あまり着けていない気がしました。

なぜなんでしょう・・・・

maternitymark_03

ちなみに

私は、産まれたばかりの赤ちゃんが大好きです。

私には、自慢の息子と双子の娘がいます。しかし

できることなら、経済的に苦労してでも4人目が欲しいくらいです。

マタニティマーク

妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。

しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざまな苦労があります。

国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、

「マタニティマーク」を発表しました。マークは、妊婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、

周囲に妊婦であることを示しやすくするものです。また、交通機関、職場、飲食店等が、

呼びかけ文を添えてポスターなどとして掲示し、妊産婦さんにやさしい環境づくりを推進するものです。

参照:【厚生労働省ホームページ マタニティマーク

あ~~やっぱり、私は男ですね~

電車の椅子だけでなく、たばこなど普段から 赤ちゃんと妊婦さんを守るためだったのですね。

そりゃそうですよね~妊娠初期の安定期までって流産も多いんですよね~

妊婦さんくるしい

厚生労働省もちゃんと仕事しているじゃん~

マタニティーマークとは

  • 妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。
  • さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの

純粋に子供と妊婦を守るために考えられたシンボルですよね~

私自身は、「ほらほら~私赤ちゃんさずっかたのよ~」と喜びを

世間にばらまいたっていいじゃないかと思います。

マタニティマークはどこでもらえるの?

こんな記事を書きながら、どこでもらえるのか知らなかった(笑)

妻に聞いてみたら、『初めての たまごクラブ』でもらえるらしいです。

ほとんどの人が、この雑誌を買うんですって~

61I6oJPATPL._SX387_BO1,204,203,200_

これが、一番役に立ちそうで確実に手に入れられる手段のようです。

あと、妊婦用品や赤ちゃん用品の通販で買い物するともらえることも

多いと言っていました。

JR東日本やJR西日本では、配っていたこともあるようです。

また、役場でも作っているところもあるらしいですよ。

マタニティーマークは付けるな

正直、この意見に関しては私は反対です。

  1. 不妊治療者から見ると不愉快
  2. 妊婦だからって甘えるな
  3. 私は、そんなに妊娠くらいで甘えなかった
  4. 無意味に蹴られた(殴られた)
  5. マタニティーマークを引きちぎられた
  6. 陰口をたたかれた。

結局、理由は自分勝手な考えを持つ人の対策のようです。

確かに、どちらが安全なのか・・・・悩みどころかもしれません。

妊婦におめでとう!頑張って!

心の狭い人も多いようですが・・・・

マタニティマークは、表現でもあるとも言えます。

「ほらほら~私赤ちゃんさずっかたのよ~」

と言いふらして何が悪いのでしょう。

173871

私は、マタニティマークを付けている人を見るとうれしくて

自分の子供のことを思い出します。

ある女性から

「席をどうぞ~おめでとうございます。頑張って」

と言われて夫婦で喜んだこともあります。

だから、私も「おめでとうございます。席をどうぞ」と

譲ることをうれしく思っています。

 

最近では、「ベビーカーが邪魔だ」と問題にする

年配者が多いと聞きます。

妊婦・子供に優しい社会は、この国を豊かにしてくれると考えます。

その点で、私はマタニティーマークの運動を応援したいと思います。

 

最後ですが、妊婦のみなさん おめでとうございます。がんばってください。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク